かわいい印鑑ケース

印鑑ケースイメージ

独身時代はバレンタインデーは特別な日でした。
本命にチョコをあげるのはもちろんのこと、義理チョコもあげなきゃいけないんですもん。

当時は今のような不景気ではなかったので、会社の上司みんなにあげていました。
今の企業って、バレンタインデーはやらないことにしている所も多いみたいですね。

ホワイトデーのお返しはたいてい倍返しにしなきゃいけないから、男性も大変ですもんね。
それに対して、女性からのバレンタインデーのチョコは、スーパーの安物チョコだったりしますもの。

【銀行印もネット通販で購入】
銀行印は預貯金の出し入れや小切手など銀行へ登録する金銭関係に最も重要な印鑑なので、ご家庭に1つは必要です。

私が販売の仕事をしていた時、部長にチョコをあげたら、ホワイトデーに和風の布地の切れ端と、和風柄のがま口の小銭入れをもらいました。
当時の感想は「普通はお菓子とかなのに、これはなんなんだろう?」でした。

実は今もそれは私の小銭入れとして活躍してます。
しかし、最近気がつきました。

これって小銭入れじゃないんだー!
どうやら、がま口の印鑑ケースだったみたいです・・・。

どうりで細長いなぁと思っていたら。
私が貰ったものは、朱肉が付いていないタイプだったので、わかりにくかったんです。

しかし今どきのがま口印鑑ケースは、和風柄だけじゃなく、いろいろな可愛い柄が出てるんですね~。
ナチュラルなドット柄、ハート柄にギンガムチェック柄と様々あるようです。

しかも2000円弱するので、バレンタインのお返しとしては、結構な値段だったかも。
私は200円弱のチョコ大福をあげただけなので(苦笑)

和風柄のがま口って、自分では買わない物なので、なにげに重宝しています。
でもやっぱりがま口には和風柄が一番似合いますよね♪
丈夫で長持ちするので、がま口の物は愛着が湧きますよ。

〔便利グッズのご紹介〕

大切な印鑑を破損やひび割れから守るために、はんこの持ち歩きには印鑑ケースが必須です。

オーソドックスな牛革のケースから、朱肉付きのプラスチックケース、 リネン素材のがま口型ケースまで選べる種類がたくさん!

あなたの印鑑にあったケースをお求めなら こちらのサイトを要チェック!

ページの先頭へ